読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想 「動機」横山秀夫

読書

動機(文春文庫)横山秀夫

 

感想

4編からなる短編集です。

横山秀夫の小説を読むのはこれで4冊目ですがやっぱり面白いです。

横山といえば警察小説を書いているイメージですが、従来の警察小説と違う点は刑事ではなく、警務部所属の人物を主人公に持ってくる点です。組織としての警察を刑事部と警務部の対立を通して描いています。「動機」では警察は1作しか出てきませんが…。

そのため本書では、殺人事件を解決する、誘拐犯を捕まえる、といった派手なストーリーはありません。その代り主人公はそれぞれとっておきのピンチに遭遇します。制限時間が迫る中、原因究明に走る主人公。派手さはありませんが引き込まれます。

以下、それぞれのあらすじです。

 
・動機
署内で一括保管していた警察手帳が盗まれた。
手帳一括保管制度を提案した警視を襲った悲劇。

・逆転の夏
女子高生殺害の罪で服役していた男のもとに匿名で殺人依頼の電話がかかる。話を聞くたびに報酬として銀行口座にお金を振り込まれ、その不気味さから苦悩する男の話。

・ネタ元
男社会である新聞記者の世界で真知子は、自分が書いた記事によって新聞拡張戦争を引き起こす。そんな中真知子に、県民新聞社から全国新聞社へ引き抜きの話が浮上する。

・密室の人
職務中に寝言を言ってしまった裁判官の話