読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感想 「3月のライオン」島田さんについて考える

19話見ました。島田さん、いいキャラですね~。「3月のライオン」って温かい人であふれてますね。

最近アニメでは島田さんをメインに話が進んでいます。するとどうでしょう。二階堂いいなと思っていたのが、島田さんもいいじゃん、と思うようになってきます。思考回路が単純な私は羽海野さんに操られっぱなしです。

そもそも島田さんの初登場はひどいものでした。獅子王戦トーナメントで桐山は次の対戦相手が島田さん、そして島田さんに勝てば後藤と対局という展開を向かえていました。ところが桐山は、対戦相手の棋譜を集めて研究をするかと思えば明らかに後藤の棋譜を多く集めているのです。後藤は確かに強い。そして姉・香子のこともあり絶対に勝ちたい相手でもあります。その意識が強すぎて桐山にとって島田さんは完全にモブキャラ扱いでした。しかし蓋をあけてみると桐山は島田さんに惨敗。島田さんの方が階級は上なので当たり前の結果です。桐山は己の青さに赤面するのです。

いかにもモブっぽい、そして影の薄そうな顔をしている島田さんですが、彼の人となりを知るにつれて好きになっていきます。それはなぜでしょうか。


3月のライオン」は桐山の一人称で語られます。つまり桐山の見たものが「3月のライオン」という世界を作る全てとなるのです。桐山は当時、後藤との対局に勝つことばかりを臨んでいました。島田さんは桐山にとって通過点でしかなかったのです。そしてあの目立たない風貌は桐山にその思いを加速させます。なので島田さんの初登場が地味だったのは桐山の心情をそのまま映したものだったのです。桐山の視野が狭かったのですね。そして研究会に加わり島田さんや二階堂、重田と付き合っていくうちに視野がどんどん広がり、私たち視聴者もそれを体験します。島田さんがモブっぽいのはきっとこのためなのだと私は思います。自分にとって何でもなかったことが、全てを変えるきっかけになる。ちょっと大げさかもしれませんが桐山にとって島田さんとの出会いはそういうものでした。

物語の構成としても、桐山を成長させる点でも島田さんの登場は革新的なものです。そうした重要な役割を、どちらかというと地味な島田さんが勤めるという展開がいっそう島田さんへの思いを強くさせるのだと思います。「3月のライオン」は話が進むにつれていい味がしみだしてくるという素晴らしい作品ですね。漫画読みたくなってきた。

今まであのかわいらしい絵柄からは思いもしなかったのですが、羽海野さんはなかなかの戦略家だったのですね。
そしてなかなかのサディズムな考えをお持ちな方ではないかと勝手に想像します。単なる思い付きのためこの点については言及しません。

感想 「3月のライオン」15話・自我のカタマリ

アニメ

3月のライオン」は、現在 土曜日 23:00~ NHK総合テレビ で放送中です。

 

作者は、映画ドラマアニメ化された漫画「はちみつとクローバー」を描いた羽海野チカさんです。ふわふわしたかわいい絵柄でありながら、しんとした余韻を味わえる漫画家です。

 

3月のライオンは1クール目から視聴しています。温かい人間たちに囲まれながら交わりそうで交われない、主人公桐山零が強く生きようともがく姿が切なく愛おしいです。漫画は読んでいないのでわかりませんが、アニメをみる限りでは将棋漫画というよりは人情ものというイメージです。

 

このアニメの中で私が特に気になっているキャラクターは、桐山のライバル、二階堂晴信です。彼はお金持ちの家に生まれながら、体が弱く小さい頃はよく病院で過ごしていたような子でした。そのためか分かりませんが、いつも明るく無邪気で優しい。いつかの話で、ひなたちゃんが将棋をやってみたいと言ったとき、二階堂は楽しく学べるように自筆で絵本を描いてあげました。それをみたとき私は思いましたね。なんていい子なんだ!!!!!って。しかもひなたちゃんのことを思いやってネコのキャラクターまで作って説明しているんですよ!いいやつ、二階堂。

そんな二階堂は桐山のライバルであると同時に理解者でもあります。桐山は放っておくとどんどん人と離れていくようなところがありますが、二階堂はそれを知ってか知らずかいつでも距離を飛び越えて話しかけます。どうしてこんなに桐山のことを気にかけるのでしょうか。そんな疑問が15話で明らかになりました。

 

小さい頃から病院で過ごすことの多かった自分には盤上で強くなることだけが心を支える全てでした。そうやって同年代のみんなが外で楽しく遊びまわっているのを横目で見ながら、将棋だけに没頭を続け、なのに強くなればなるほど弱い対戦相手が全て努力を放棄した卑怯者に見えて悔しくて腹が立ってイライラして。

そんな自我の塊にはりはてていた時、僕は桐山に会って頭をかち割られて、救われたんです。俺より強いやつがいる、俺より努力した人間がいる。俺は1人ぼっちじゃないんだって。

 

努力して強くなったのに、そのことで生まれる感情に嫌になってしまう二階堂。本当は人との繋がりが欲しかったはずなのに、生まれた感情は自分からその繋がりを断つようなものだったのです。それに気が付いた二階堂は、自分の望む人間関係が構築できないからイライラします。そんなときに現れた桐山と対局し敗れたことで人との繋がりを思い出すのです。桐山は二階堂を自分勝手な人間から呼び戻してくれた存在だったのです。

 

二階堂はひたすらに人間が好きなのだと感じました。好きだからこそ苦しみ悩む。決してあきらめない。そういう人間関係におけるガッツさが私にはあまりないのでいいなーと思いました。桐山もいつか二階堂の優しさと懐の深さに救われるといいね。

電車で妄想したこと

雑談

7:40

これは私が電車に乗る時間。
いつものように満員で人との間に隙間もない。当然スマホで遊ぶこともできず何気なく視線を上にあげると、それを発見したのです。

 

そう、美しいHAKUHATU


もうね、感動しました。一面真っ白!
黒色が一筋もないんですよ。その方は刈り上げでしたが艶のあるいい髪をしていました。そこで私思ったんですよ。あそこまで堂々と、そして美しい白髪の人と結婚したい、と。いや、将来そんな白髪になるだろう方と結婚したい!

どうしたらあのような美しい白髪になれるのでしょうか。妄想s 考えました。
恐らくあの白髪はその年まで全力で生きてきた証なのでしょう。いつだって偽りなく、壁にぶつかってもあきらめず立ち向かい、エネルギーを燃やし続けてきたことでしょう。そしてあの脱色は激しい葛藤の末の煌めきなのでしょう。道理で輝いているはずです。嗚呼、誇り高き白髪。私の周りであれほどの素晴らしい白髪を持つ方はいらしたかしら、と考えてふと思い浮かぶ。

 

カーネル・サンダース!!!

 

チキンを提供してくれる優しきおじさん!パーティグッズのような顔をしていると揶揄されるおじさん!それでも私に微笑みかけてくれるおじさん!もしかして私の好みのタイプってカーネルだったのか?

衝撃的な朝でした。

学生のうちにやればよかったなーと思うこと ~平日編~

 

前回の 読書編、映画編に引き続き第3回目にして最終回です。

 

前回の記事はこちらになります。

kaerunouta.hatenablog.com

 

 

kaerunouta.hatenablog.com

 

学生に戻ったらやりたいこと

 

3 . 裁判傍聴をしたい

 

私、裁判傍聴をしてみたかったんです。


裁判と言えば、

法廷ミステリー小説を読んでいると、緊迫した空気の中、勝利を勝ち取るためにお互いの主張をぶつけ合うというイメージがあります。


実際はどういうところなのでしょうか。この前読んだ小説の主人公(横山秀夫「密室の人」(「動機」の中に入っています)は裁判長でありながら裁判中に居眠りをしていました。作中では裁判官の居眠りはそんなに珍しいことではない、と書かれていたので驚きです。裁判は多くの人にとって非日常なことです。だからこそ「裁判」「居眠り」という組み合わせには、はっとさせられました。裁判も仕事の一つなんだなーと。いかに小説や映画がドラマチックに描いているということですね。私も仕事中居眠りをし、いやなんでもないです。裁判長の気持ちも分かります。


そういうわけで

裁判ってどんな雰囲気でどういう人間がいるのか。空気を感じてみたいのです。人が争っているところを見たいというと悪趣味に感じる方もいるかもしれませんが、他人事ではないですよね。いつ自分が当事者になるか分からないので。


そして調べてみると案外簡単に傍聴できるみたいなんですよ。


予約なし

傍聴料なし


知らなかったー


しかし、ここにきて最大の問題が。


裁判は平日しか行われていないようなのです。


これは知らなかったー!

 

平日となるとお休みをとらないと行けないじゃないですか!もっと早く知っていたらな…。


ということで学生のうちにやりたかったなー、と思うことでした。

 

学生のうちにやればよかったなーと思うこと ~映画編~

映画 雑談

前回の ~読書編~ の続きです。

 

ちなみに前回の記事はこちらになります。

kaerunouta.hatenablog.com

 

早速本題へ。

 

学生に戻ったらやりたいこと

 

2 . 映画をたくさん見る

 


学生時代、映画をたくさん見ておけばよかったなーと思ったのには理由があります。 

映画が好きな人ってさ、頭よくない?

 最近気が付いたのですが、私の周りの頭のいい人って映画が好きな人が多いのです。
何ででしょうか??

 

時間があるうちにたくさん見ておけばよかったな~。

 

もちろん、今からでも遅くないので今年は時間が許す限り見てみたいと思います。

 

私はレンタルDVDでの鑑賞が多くて過去の名作を探してきては見ています。

去年見た中では羊たちの沈黙がベスト1でした!

 

ジョディ・フォスター演じるクラリスは理知的で美しく、アンソニー・ホプキンス演じるレクター博士は残虐な行為と冷徹さが恐ろしいはずなんだけど色っぽい。

この2人の関係性がたまらない。

そう、レクター博士の手のひらで踊らされるクラリスがいい!かわいい!

 

そしてレクター博士がすごいんですよね。
なんですか、あの色気は。レクター博士が画面に出てくるたびに「今度は何をしてくれるんだ」とドキドキ。でもそんな様子を微塵も感じさせず静かに待ち続けています。来たる時のために糸を張り巡らせているのに。
捕った駒を自分の兵力として使える将棋に比べて、捕まってしまえばもう戦場に戻れないチェスは終局に向けて静かになっていきます。レクター博士を例えるなら「チェス」ではないかと思います。抜け目ない戦略のもとフィナーレに向けて淡々と駒を捕っていくレクター博士の姿が容易に想像できるからです。彼は邪魔者を取り去った終盤こそ生き生きしそう。

 

ストーリーも大切だけどそれ以上にキャラクターも 演者も大事なんだなーと再確認させられました。もちろんストーリーも面白かったですよ!


私の人生に寄り添ってくれる映画と出会うため、そして頭のいい人間になるため(笑)、今年はたくさん映画が見られるといいです。

学生のうちにやればよかったなーと思うこと ~読書編~

読書

社会人となって早くも一年が経とうとしています。
濃厚な毎日を過ごしていたのであっという間です。

しかし!

社会人としての生活に慣れてきたものの学生生活もまだ体に染みついているわけで、
「学生だったらなー」と思うことがよくあります。

 

今回はそのあたりをぼやーっと書いてみたいと思います。あくまでも私個人のぼやきなので主観的な書き方になっています。その点を考慮した上で読んでいただけたら、と思います。

 

学生に戻ったらやりたいこと

 

1.本をたくさん読む


いろんな人が言っていますが、やっぱりたくさん読んでおけばよかったと思います。
私が考える大きなメリットは2つ。

 

1つは知識が増えること。たくさん読むと細かい内容は忘れてしまいますが、ふとした拍子に思い出すことがあります。そうした知識の積み重ねが将来自分を助ける力になるのではないかと思います。

 

もう1つは語感を鍛えられる、ということです。語感とは言葉が与える主観的な意味のことで、言葉の匂いみたいなものです。


私は社会人になってよく文章を注意されるようになりました。論理的でなかったり、くどい説明になっていたり、言葉の使い方がおかしかったり。今まで特に注意されたこともなかったので悔しいような、情けないような気持ちです。学生の頃は見逃してもらっていたのですね…。


語感を鍛えるために辞書をもっと引けばよかったなーとも思います。
とにかく社会人は文章を早く正確に書ける人ほど有利だ、と実感しています。

 

どんな本を読みたいか

 

基本的に何でもいいです。だけど1つのテーマに対していろいろな種類の本を読めばよかったと思います。

これは成毛眞さんの『大人はもっと遊びなさい』(PHPビジネス新書)で紹介していた方法ですが実践してみたところ、情報の吸収率が数段アップしていて驚きました。要約すると以下の通りです。

 

初心者はまず本を5冊読むべき。

  • 絵本
  • 専門書(大御所)そのテーマにおいて有名な研究者等
  • 専門書(当事者)そのテーマを体験している人
  • 雑誌
  • 新書

 

本屋で立ち読みした内容なのでざっくりとしか覚えていないので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

 

ちなみに上記の要約部分は「やってみたいことがあるけど初めてで踏み出せない」という人にどういう方法でアプローチしていけば効率よく学べるか、提案しているところです。

 

まず 成毛さんはテーマの全体像を掴むべきだといいます。
そこで役に立つのは絵本です。絵本は子どもにも分かるように書かれているため内容が易しい。イラストもかわいい。数分で読めちゃう。
そこから自分が知りたいのはテーマの中でもどういうことか探っていくのです。

 

例えば「宇宙」について学びたいとき次のようなトピックスがあります。

宇宙の何が知りたいのか
➡成り立ち?未来?宇宙が何でできているか?古来から人は宇宙をどう考えてきたか?宇宙での暮らし?宇宙生物?銀河?星?最新の研究?宇宙ゴミ

こういったトピックスを知ることが大切なのです。

 

そして気になるトピックスを見つけたらそれに触れ学んでいきます。
イメージはこんな感じだと思います。

 

おいしいカレーを食べたい!あそこの商店街はおいしいカレー屋がたくさん並んでいる。中でもここのカレーが気になる、よし食べに行こう!うん、やっぱりおいしかった。隣のお店もいい匂いでおいしそうだな。その隣のお店は行列ができている。行ってみよう。

 

このように気になるトピックスを調べた後に、隣接するほかのトピックスを調べていくのです。

 

他4冊の説明もそれぞれ理由が書かれていたのですが、忘れたので機会があれば追記します。すいません。

 

ただ絵本と雑誌は目から鱗でした。図がたくさんあるので楽しいし記憶に残りますしね。この読み方、学生のうちに知りたかったなーと思ったのでした。

 

 

時間も遅くなりましたので続きは次回の記事にします。

感想 「ウエスト・サイド物語」(映画)

映画

ウエスト・サイド物語

日本では1961年12月23日に丸の内ピカデリーなどの松竹洋画系で封切られて、丸の内ピカデリーでは翌1963年5月17日まで511日にわたるロングラン上映となった。これは前年のベン・ハーを凌ぐ記録で、丸の内ピカデリーだけで興行収入4億4,968万円を上げ、全ての上映館の最終的な配給収入は13億円の大ヒットとなった[1]

[1] 斉藤守彦「映画を知るための教科書 1912~1979」(洋泉社、2016年3月) 133P

 

以上、Wikipediaから。
511日のロングラン上映って今では考えられないですねw

 

ウエスト・サイド物語」はロミジュリを下敷きにして作成された、というのは事前に知っていたので内容をある程度予測して鑑賞しました。

感想はまずまず、といったところ。

話の骨格はロミジュリなので言うこともないですが、ヒロインであるマリアが好きになれず、私はあまり楽しめなかったなーと思います。

 

だってさ、マリアって悪女なんですもん。


ジェット団とシャーク団のケンカをトニー、たった1人に「止めさせて」とお願いするし、恋人を亡くして間もないアニタに「(仇敵である)トニーへ伝えてほしいことがあるの」とか言っちゃうし…。


分かるよ。ケンカは怖いし愛するトニーがチノに追われてるなんて気が気じゃなくなるよね。

 

だけどさ、やり方ってものがあるじゃない。


トニー1人に両団を大人しくさせる力があると思う?(マリアの兄はシャーク団のトップだから兄に相談してみようとは思わなかったのか?)
アニタに裏切られるかもしれないとは思わないの?

 

結果トニーはベルナルドから「腰抜け者」などと言われた挙句、ケンカを止めることは出来ずリフを刺され逆上しベルナルドを殺してしまう。
ジェット団の集まりに飛び込んだアニタは屈辱を味わい、トニーに嘘の情報を流す。

マリアにはどんな理由があったとしても大事なことは人に任せないで自分で行動してほしかったです。

 

と、散々愚痴を書いてきましたが、やっぱりダンスと歌、曲はすごいです。

 

ジェット団のダンスは切れがあるし一体感がありました。シャーク団と女の子たちの歌の掛け合い(「アメリカ」:アメリカの一般イメージとアメリカ批判を歌っている)は当時のアメリカを垣間見れて面白かったです。

 

そして何より、トニーが「マリア」を歌うシーンでは感動しました。
マリアの名前を初めて知り、その嬉しさから路地裏で熱唱するシーンです。
このトニーの純粋さ、いいなー。

 

 以下は私のお気に入りの「マリア」です。
ジャズピアニスト・デイブブルーベックがジャズにアレンジしたものです。
そもそも今回観たきっかけがこの曲なのです。